田舎者が誠心誠意、自然材をふんだんに使用した体に良い「家づくり」をさせて頂きます。

香川県丸亀市綾歌町栗熊東791

0877-86-2126

営業時間:8時~18時

ブログ記事復活!つだにくん奮闘記

復活!つだにくん奮闘記

『いよいよ総体。いざ出陣!』

投稿日時:2015/07/11(土) 05:05rss

 おはようございます。勝手ながら本日は愚息の総体なので日中は応援に行こうと思っております。故に午前4時から業務に勤しんでおりました。現在、午前5時通常であればそろそろ愚息も起きる頃かな?と思い筆を取った次第であります。3年生の先輩達にとっては最後の大会です。弱小と揶揄され続けて戦って来ましたが弱小は弱小なりの意地と根性を見せて欲しいものです。愚息の話を聞くに伝統ある綾中バレー部の良さを感じました。それは、先輩達の指導です。現在高校生となった先輩達が7月に入ってからはお互い誘い合わせて毎日練習相手として指導に来てくれています。ただでさえメンバー数の少ない部です。正直言って昨年もそうであったように新入生である1年生はまだまだこれからの人達です。そこに高校の先輩達の力をお借りする事はとても有り難い事です。そこには高校にバレー部が休部・廃部となり今はバレーをしていない人も集まってくれています。さらに昨年まで一緒にプレーした先輩であれば顔馴染ですが、現役のメンバーとは直接プレーをしていない世代の先輩まで参加してくれています。唯一の繋がりは同じ綾中バレー部の先輩・後輩というだけで・・・。顧問の先生も当時とは変わっています。自分が直接指導していない高校生を快く受け入れている先生にも感心していますが、高校生達のかつての古巣への愛着と後輩思いの姿勢にはあたま頭の下がる思いです。中には今年の国体の強化選手として選抜された強豪もいます。レべルの差は一目瞭然です。それもそのはず彼らは今となっては思い出の母校の華やかなりし時に活躍し中学全国大会・四国大会を経験したレベルの先輩達の生の指導です。愚息も言っていました。「速すぎてボールが全く見えん。」このレベルの差。それが現役メンバーの本音でしょう。忙しい中わざわざ時間を割いて弱い後輩達のために稽古をつけてやるこれが伝統のある部の良さでしょう。勝ち負けは時の運もあります。結果はどうであれ能力以上の力は発揮出来ないかもしれませんが、自分達個々の能力をMAXに引き出して全身全霊でチャレンジして下さい。なにせ綾中は昨年の優勝校でこの大会のディフェンディングチャンピォンなのですから。ちなみに昨年の同大会で卒業した先輩達は1セットも落としていません。実力はともかく気持ちは昨年のチームに負けるな!応援してくれている先輩達のためにも全力を尽くせ!さらに有り難い事かな。今回稽古をつけてくれた先輩達も時間を取って会場まで応援に来てくれるみたいです。直接プレーしていない後輩達に対してもこれだけの気持ちを持てる彼らに『感謝』です。また、愚息には言いましたが、このすばらしい伝統は是非とも継続して欲しいものです。けっぱれ!綾中バレー部!ベストと尽くして当たって砕けろ!

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

0877-86-2126お電話

資料請求

お問合せ